地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、名寄・上川北部の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

名寄・上川北部の地域情報サイト「まいぷれ」名寄・上川北部

名寄・上川北部(名寄市・下川町・西興部村・美深町・音威子府村・中川町・中頓別町)エリア選択
営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

名寄市北国博物館

ナヨロシキタグニハクブツカン

博物館

寒冷多雪な北国名寄の歴史、暮らしや自然を学べる博物館

「名寄市北国博物館」寒冷多雪な北国名寄の歴史、暮らしや自然を学べる博物館
北国博物館は、寒冷多雪な冬と寒暖差のある四季をもつ北国名寄の歴史と自然に学び、その知恵をより発展させて、これからの暮らしに継承する拠点として建設されました。

厳しい自然の中で生み出された先人の知恵を体験しながら、学び・伝承し、「北国」を楽しんで、新しい北国文化を創造していくことをめざしています。

学習と体験

名寄市北国博物館では、ミズナラの原生林に囲まれた環境を生かして、ギャラリーホールから四季折々の自然や野鳥の観察ができます。

また屋外での自然観察や雪中キャンプなど、様々な体験学習もできます。
ギャラリーホールは、資料や写真などによる特別展示・企画展示展のほか、伝承・体験学習、憩いの場などにも使える多目的空間です。

また、エントランスホールに設置された「フーコーの振り子」は、地球の自転を証明する国内でも数少ない貴重な設備です。
フーコーの振り子「名寄市北国博物館」
フーコーの振り子

研究と情報交換

2階の地域情報室はオープンスペースとなっており図鑑や研究報告書など各種出版物を閲覧でき、気軽に地域の情報を調べられるコーナーです。

講堂は、講演会や学習会などが行えるよう、視聴覚施設を完備し、最大80人程度の利用が可能です。

研究室には、郷土に関する調査・研究を行うための資料を収蔵しています。

ご利用の際には職員がご案内いたしますので、1階事務室までお問合せください。
地域情報室「名寄市北国博物館」
地域情報室
SL排雪列車キマロキ「名寄市北国博物館」
SL排雪列車キマロキ

SL排雪列車キマロキ

名寄市は鉄道の発達とともに歩んできたまちで、宗谷本線と、今は廃線となった名寄本線・深名線の分岐点として、道北の交通、文化、産業の中心都市として発展を続けてきました。

昭和50年12月全国からSLの姿が消えましたが、名寄に配置されていて、道北の厳しい寒さの中で活躍してきたSLを、国鉄当局(現在のJR)から、貸与を受けることができました。

平成元年4月に名寄本線が廃線となり、平成5年6月に、博物館前の旧名寄本線の線路上に移設展示をし、すぐ近くの宗谷本線を走る列車の中からでも、見ることができるようになりました。

全国で名寄だけにしかないこのSL排雪列車「キマロキ」を、市民の大切な財産として、末永く保存するものです。
名称名寄市北国博物館
フリガナナヨロシキタグニハクブツカン
住所096-0063 名寄市市字緑丘222
電話番号01654-3-2575
営業時間9:00~17:00(最終入館 16:30)
定休日月曜
年末年始
関連ページ北国博物館公式サイト
ジャンル
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

近くのお店・施設
お店・施設を探す